BLOG|PLANNING SECTION

SPEC NO.26

  • 2009-07-25
  • /2009F/W 新商品関連

 

SC167334t.jpg
Photo department of defense
1942年 北アフリカ。
左端の人物と右から2人目と3人目がパッチポケットのタンカース。
こんな戦車では戦えないことがすぐに分かることとなる。

 

P1040185.jpg

初期型のラベル。挟み込みで縫い付けられる。
サイズ以外のことは何も表記されていない。

 

P1040187.jpg

通常型のラベル。しっかりと四方が縫い付けられている。
スペックナンバー以外にもストックナンバーなどが表記されている。

 

タンカースジャケット(WINTER COMBAT JACKET)
のスペックナンバーは初期型(パッチポケット)が26、
通常型(スラッシュポケット、書籍類では後期型となっていますが、
早い段階で切り替わっているので通常型と呼びます)が26Aとなります。

しかしながら、オリジナルのラベルを確認してゆくと
初期型のラベルにはスペックナンバーがなく、
通常型のラベルには「26」としか入っていないことがわかります。

これはおそらく、初期型については、大らかだったアメリカ人が
スペックナンバーの必要性を理解していなかったか、
改定があることを想像できなかった、ということと、
通常型では折角用意した数万枚のラベルを作り替えたくなかった、
という単純な理由による、と想像しています。


 

  • |Category:2009F/W 新商品関連|
  • |Posted at 09/07/25

PEA COAT "13STAR BUTTON"

  • 2009-07-17
  • /2009F/W 新商品関連

PEA COAT "13STAR BUTTON"

 

button1.jpg

 

button2.jpg 

 

 

ピーコートのボタンは戦中にはすでに一般的な錨の模様になっており、

今回復刻した"13スターボタン"と呼ばれているモノが指定されていたのは戦前、

1940年までのようです。

戦前のピーコートは4ポケット(スラッシュの下にフラップ付きのスラッシュがある)

だということと合わせて考えると、戦中の2ポケットに"13スターボタン"が使われた

確率はかなり低いと考えられます。

この時代のボタンは付属品屋さんが使う職人の"腕"が模様に現れるのですが、

共通する特徴として、

 

①錨部分は丸刀で彫られ丸みを帯びている。

②星の部分は三角刀でシャープな溝が彫られており、均一ではない。

③鎖の部分は切り出し刀であっさりと仕上げられている。

 

ということが挙げられます。

 

多くの個体を確認した結果、特にクセのあるものを選んだのですが、

なかなか思うように仕上がらず、途中で職人さんを(工場ごと)替えるという

事態を引き起こしてしまいました。

しかしながら、そうして出来上がったボタンは"いいもの"になったと自負しております。

早くお披露目したいのですが、納品は9月を予定しています。お楽しみに。

  • |Category:2009F/W 新商品関連|
  • |Posted at 09/07/17