BLOG|PLANNING SECTION

V0l.11 GO FOR BROKE!

  • 2010-02-17
  • /2010S/S新商品関連

MILITARY TEE / GO FOR BROKE

T-シャツのプリントは普通「カッコ良けりゃOK」です。
ですから寄せられる意見を反映させることも多々あります。
ルールは海兵隊とB-29をモチーフにしないだけです。
しかし、この柄だけは「出したい」と以前より思っていました。  

gb1.JPGのサムネール画像

第二次世界大戦中、アメリカに住む日系人12万人は立ち退き(!)の上、
老若男女の区別なく砂漠に作られた強制収容所に入れられました。
アメリカ市民と認められなかったのです。
(ドイツ系、イタリア系にそのようなことはありませんでした。)
その中からアメリカ軍に志願した日系人部隊のスローガンが"GO FOR BROKE"だったのです。

"GO FOR BROKE"は「当たって砕けろ」ですが、
当時は「撃ちてし止まむ(うちてしやまん)」の英訳として使われたようです。
しかし「撃ちてし止まむ」の本来の意味は「当たって砕けろ」ではなく、
「勝つまで戦う(勝つまで止めない)」となるようです。

gb2.JPGのサムネール画像

日系人部隊は「日本人として恥じることのないよう」に自分の国、アメリカのために戦いました。
その戦いは連隊規模では最大の死傷者を出したこと、
ほかの部隊がまったく歯が立たなかったイタリア北部のドイツ軍の防衛線
ゴシックラインを突破したことからもその勇猛さが窺われます。

 

彼らは母国に裏切られながらも武功をあげることで
日系人全体の母国に対する忠誠心を証明して見せたのです。

  • |Category:2010S/S新商品関連|
  • |Posted at 10/02/17

Vol,10 BUCO Engineer Boot

  • 2010-02-03
  • /2010S/S新商品関連

 

【BUCO ENGINEER BOOT】

 

長い間、高いレベルでの品質の安定とある程度の安定供給を目指して
努力と研究を重ねてきました。
今回の展示会に出品したブーツは完成とは言えませんでしたが、
もうサンプルを作る必要がないところに到達しています。

bu1.JPG

メインマテリアルはホースハイドと表記しましたが正確には"バトック"、
つまり馬の臀部にあたります。
臀部というと"コードヴァン"が有名ですが、簡単に言ってしまうと
コードヴァンはお尻の革の内側(肉面)から磨き出した革であるのに対し、
バトックはお尻の革の外側(皮膚面)から銀面を削らずに仕上げた革です。
同じ部位を表から使う(バトック)のか裏から使う(コードヴァン)のか、
ということです。

bu2.JPG

臀部はバトックとして仕上げられるほうが少ないのですが
コードヴァンとの違いとしては、重厚感があることと、生き皺があるために
表情が豊かになることが特徴としてあげられます。

bu3.JPG

今回のサンプルは余りに厚く(2.8ミリ)、ここまで厚いと歩けないだけでなく、
トゥや踵などの曲げられた部分にかかる負担が大きく、
いずれクラックの入る原因となるでしょう。
製品は1.7~1.8ミリ、ベストな厚みで適度の油分を持たせます。
生産にあたっていただく職人さんとの打ち合わせにも1年以上かけました。
5月以降の納品を予定しています。
ご期待ください。

 

  • |Category:2010S/S新商品関連|
  • |Posted at 10/02/03