BLOG|PLANNING SECTION

RED TAILS-2

  • 2012-01-20
  • /Et cetera

いよいよ明日、アメリカでジョージ・ルーカス監督の「RED TAILS」が公開されます。
アメリカでは「主役級が全て黒人で白人が活躍しない」ということで何から何まで難航した、
と、監督のぼやきが先日もニュースになりましたが、

日本では未だ公開されるのかどうかも分かりません。
公式サイトが未だに無いなんて驚きです。
ロシア映画の「戦火のナージャ」ですら公式サイトのある時代なんですが・・・。

・・・気長に待ちましょう。

第二次世界大戦中、アメリカでは日系人だけが強制的に砂漠の収容所に入れられたことが
知られるようになってきましたが(ドイツ系、イタリー系は普通に徴兵されています)、

黒人はどうだったかと言うと、別の差別があって
「黒人には戦争なんか出来ない」と思われていたのです。
軍部は積極的に使おうとしないし、白人と混成する訳にもいきません。
黒人兵の写真の少なさも、そのことを証明しています。
写真の枚数ではフィンランド兵よりも、ルーマニア兵よりも、
コサック兵よりも、インド義勇兵よりも、黒人兵のものは少ないでしょう。

red_tails_movie_image_03.jpg

映画でも差別に触れない訳にはいかないと思うのですが「黒人には戦争なんか出来ない」
と、ストレートな表現をせずに「パイロットの不足を補うために・・・」的な表現になっていたら残念です。

red_tails_movie_image_07.jpg

彼らは勇敢に戦えることを証明するのみならず活躍し信頼を勝ち取るのですが、
それによって以後の戦争では積極的に徴兵されることになり、
ついにヴェトナム戦争の戦死者の平均年齢を19歳にまで引き下げる

原因にもなってしまったとも言えるでしょう。

red_tails_movie_image_01.jpg

鑑賞後に「3」を書きたいと思いますが、
アメリカ版トレーラーを観るとMe262をアクロバット飛行で落としてしまうシーンがあって、
「そりゃないだろう」と思ってしまいました・・・。

  • |Category:Et cetera |
  • |Posted at 12/01/20

2012 SS展

  • 2012-01-14
  • /2012S/S新商品関連

先日、無事2012年春夏展を終えることが出来ました。
関係各位の皆様には今年一番の寒さの中、お越しいただきありがとうございました。

2012 SS展-1.JPG

いつも通り、説明不足になっている部分、説明を省略している部分、
オタクすぎて憶えていただけない部分などを中心に解説を試みたいと考えております。

2012 SS展-2.JPG

また、「1」としながら放置している「RED TAILS-1」は当然「2」以降を書き、
「RED BARON」もあれで終わりではあまりに寂しいので続きを書きます。
宜しくお付き合いください。

 

  • |Category:2012S/S新商品関連|
  • |Posted at 12/01/14