BLOG|PLANNING SECTION

FIELD SHOES N-1

  • 2012-11-22
  • /2012F/W新商品関連

FIELD SHOES N-1

2012年春夏の展示会から10カ月、企画からは2年、ようやく製品が完成しました。
徹底的に拘った結果、このような日数を要することになりました。

N-1-0.JPG

N-1-aa.JPG

N-1は1940年代の靴である、ということから、当時と同じ鞣しをした牛革(ピットヌメ)を使いました。
ピットヌメは現代のようにタイコ(よく雑誌で見かける回転式の装置)を使わず、
タンニン槽(文字通り、タンニンの水槽)に漬け込むことで鞣された革を言いますが、
この鞣しに9カ月を要します。
当然、こんなに時間のかかる製法は現代では採用されません。
(革屋さんオリジナル、採算度外視、なら可能ですが)
履き込んだときに他の牛革の靴とは圧倒的な雰囲気の差が出ていることでしょう。

 

N-1-a.JPG

N-1の見た目の最大の特徴は粉砕された麻ひも(ロウ・コード)がソールに練り込まれていることがあげられます。
底は型に流し込まれたゴムで殆ど見えませんが、整形され削られた側面からは麻ひもが見えています。
この麻ひもの配合が多すぎるとソールが弱くなり、少なすぎると真っ黒になってしまいます。
この麻ひもの配合実験にも数カ月を要しました。

N-1-bb.JPG

N-1-b.JPG

大戦中のデザインは基本、文字まで手描きです。ロープの柄、縁の波模様、すべて手描きで描き起こしました。

 

N-1-cc.JPG

ソールにはGOVT.SPEC(ガバメント・スペック)の文字。

N-1-dd.JPG

12-13はヒールサイズです。

N-1-ee.JPG

N-1の企画が持ち上がってから何度かMASHの社長さんとお話させていただく機会がありました。
その中で「兵隊はブーツに防水としてDUBBING(ダビング)剤を塗っていた。」という話になり、
「当時の兵隊に支給されていたブーツ用のダビング剤のデッドを持っているから差し上げましょう。」
と、いただいたモノの写真です。
これは陸軍の個人装備ですがDUBBINGの文字も確認できます。
これを塗って防水していたんですね。

ちなみに革の分析ではワックスが検出されたり、されなかったり、でしたので
白っぽくなるのもイヤだなあ、ということでワックスはしませんでした。

明日より店頭に並び始めます。何卒よろしくお願い致します。


 

  • |Category:2012F/W新商品関連|
  • |Posted at 12/11/22