BLOG|PLANNING SECTION

SUKA JACKET

  • 2014-06-20
  • /2014F/W新商品関連

アメリカ兵は世界中、どこへ行ってもスーヴェニア(記念品・土産物)を持ち帰ろうとします。
ドラマ「バンド・オブ・~」では主人公ら士官までもが銀食器を漁る様子が描かれていました。

スカ-1.JPG

日本に進駐したアメリカ兵は最初、雛人形などを漁っていましたが、
それに目を付けた日本人が思いついたのが「鷲虎龍の刺繍ジャンパー(スカジャン)」だったのです。
「スカ」は横須賀を意味しますから「SUKA」が正しく「SKA」ではありません。
しかし多くのアメリカ人にとっては矢張り「Souvenir Jacket」の方が通りは良いようです。

スカ-2.JPG

さて、群馬県で鉄鋼業を営み中島飛行機とも付き合いのあった明仙(みょうせん)縫製は
鉄鋼業から縫製業に鞍替えしていましたが、小学生だった明仙兄弟も家業を手伝い
スカジャンの縫製に駆り出されます。
(中学生になっていた長女は刺繍までもこなしていました。)

スカ-3.JPG

ミシンはアメリカ製のシンガーで5万円。10万円で家が建った時代です。
仕事は誰も教えてくれないので何度もケガをしたと言います。
それからおよそ60年、兄弟は今も現役です。
生地の手配からリブに至るまで桐生で用意できるものは桐生で用意しました。

スカ-4.JPG

ポケットスレキは明仙さんが群馬で探した古い着物を使っています。
群馬で眠っていた着物ですから話題の富岡製糸場で織られた生地だと考えて良いでしょう。
もちろん一着ごとに柄は変わってしまいます。
これは最早、文化遺産と言って良いかも知れません。

スカ-5.JPG

  • |Category:2014F/W新商品関連|
  • |Posted at 14/06/20

JERKIN VEST

  • 2014-06-18
  • /2014F/W新商品関連

ジャーキンヴェストは第一次、第二次世界大戦を通じイギリス軍が大量に生産、投入したヴェストですが、
第二次世界大戦時のものには第一次世界大戦時のリサイクルが多かったようです。
第一次世界大戦ではアメリカ兵の着用する写真も多く残っていますが
第二次世界大戦ではアメリカ兵が着用する写真は見つかりません。

jerkin-1.jpg

PHOTO BRITISH ARMED FORCES

jerkin-2.JPG

ラベルにはイギリス軍の所有物であることを示すブロードアローと呼ばれる矢印がスタンプされますが、
サンプル製作の時点では矢印のスタンプが間に合っていませんでした。

jerkin-3.JPG

今季、ファッション業界に迎合していない商品ナンバーワンなジャーキンですが、
ハンティングジャケットやカバーオール、手持ちのいろいろなモノに合わせて
いろいろな場面でチャレンジしていただければ、と思う次第であります。

  • |Category:2014F/W新商品関連|
  • |Posted at 14/06/18

COAT, WINTER, WOOLEN

  • 2014-06-16
  • /2014F/W新商品関連

現存数の少ないジャケット、というとA-1、37J1など、戦前のものが主に思い浮かびます。
COAT, WINTER, WOOLEN 通称サブマリン・ジャケットは第二次大戦期に正式に採用されていた
ジャケットとしては、最も現存数の少ないジャケットだと言えるでしょう。

sub-1.JPG

リプロダクション

sub-2.JPG

オリジナル(ミントコンディション)

写真からは伝わりにくいと思いますが、生地はダブルクロス・ヘリンボン。
表がヘリンボンで裏から見るとブロークンになっています。
程度が悪くなってきているヴィンテージを見ると、はっきりと大きなヘリンボンが浮かび上がっています。
今回、再現された生地は
「うっすら」と(光の加減によって)ヘリンボンが見えています。
「はっきり」までは相当な時間を要すると思われますが、
「そこそこ」であれば5年から10年ぐらいで完成するはずです。

sub-3.JPG

オリジナル(グッドコンディション)
うっすらとヘリンボンが見えるでしょうか?

ちょっと気の長い話ではありますが、こんなことも服を育てる愉しみではないでしょうか。

さて、余談ですが
海外ドラマ「ジェネレーション・ウォー」はご覧になったでしょうか?
意味の分からない邦題で見る気が失せそうですが、これは歴史に残る名作です。
(字幕にも階級の間違い、軍事用語の間違いが多いです。)
製作国のドイツでは3話合計で2100万人以上が視聴したそうです。
「レッドバロン」でリヒトホーヘンの弟役だった人が主人公を熱演しています。
興味のある方は是非ともご覧になってください。損はありません。

 

  • |Category:2014F/W新商品関連|
  • |Posted at 14/06/16

2014FW展

  • 2014-06-13
  • /2014F/W新商品関連

6月11日、12日の両日、2014年秋冬展を開催致しました。
特約店、並びに関係各位の皆様におかれましては足元の悪い中ご来場いただきまして
誠にありがとうございました。

-1.JPG

いつものようにファッション業界の動向を完全に無視した内容になっておりますが
力作が揃いました。

-2.JPG

気持ちの熱いうちに紹介してまいりますので宜しくお願い致します。


 

  • |Category:2014F/W新商品関連|
  • |Posted at 14/06/13