BLOG|PLANNING SECTION

CCC WOOL JACKET

  • 2015-08-15
  • /2015F/W新商品関連

ccc-1.JPG

CCCとは1930年代のアメリカ政府による失業対策、
CIVILIAN CONSERVATION CORPSの頭文字をとったものです。
世間的には「民間型A-1」などという表記が多いのですが、
これは軍服ではなく、つまりA-1と言ってしまうのは間違いです。
ということで、アメリカでの本名で通すことにしました。

ccc-2.JPG

ウールの質感が見事に再現できました。
この質感は画像で伝わるものではありません。
どうか、店頭でご確認ください。

ccc-3.JPG

複雑なリブ。
ちょっと控えめの表現にしました。
左が製品。右が1930年代のオリジナル。
本体とリブがボタンホールでつながっています。
リブの修理は不可能です。

ccc-4.JPG

ポケット、ボタン、なかなかの再現度だと思います。

ccc-5.JPG

左が製品。右がオリジナル。
とにかく、アメリカに古くからあるトラウザー、ブーツ、ハットなら
何でも似合ってしまうジャケットです。
繰り返しますが、
質感は画像では伝わらないでしょう。
店頭でお待ち致しております。

  • |Category:2015F/W新商品関連|
  • |Posted at 15/08/15

COAT, WOOL, JACKET M1912 -2

  • 2015-08-15
  • /2015F/W新商品関連

TUNIC(通称チュニック)の細部を紹介します。

tunic-2-1.JPG

表地はウールのミルド・サージ。
綾が控えめです。左が製品。右が100年前のオリジナル。

tunic-2-2.JPG

裏地。先日紹介したシルク×ウールです。
左が製品。右がオリジナル。
1900年頃は日本が世界で一番の生糸の産地であり、
その最大の輸出先がアメリカであったことを考えると、
最近、話題になった群馬県の富岡製糸場のシルクである
確率が高いように思えます。

tunic-2-3.JPG

ネームは別の個体に縫い付けられていたものを拝借しました。
サンプルは周囲を折り込むことを忘れています。

tunic-2-4.JPG

鉄フックの比較。
下が製品。上がオリジナル。

なかなかに世界のファッション・シーンを無視したジャケットです。
流行に逆らいたい方、吊るしにうんざりしている方。
お待ち致しております。

  • |Category:2015F/W新商品関連|
  • |Posted at 15/08/15

PILE CAP MQ-1

  • 2015-08-13
  • /2015F/W新商品関連

mq-1-1.JPG

mq-1-2.JPG

パイルキャップMQ-1は耳あてにアルパカパイルをあしらった
保温性に優れたキャップです。
下士官から高級将校まで、多くの将兵が着用しましたが、
多くがはねあげたツバに階級章を付けていました。

mq-1-3.JPG

内装の天頂部分はウールになっています。

mq-1-4.JPG

先だって紹介した、M-47パーカに合わせると
朝鮮戦争に多く見られた組み合わせになります。
これに、少しばかり第二次世界大戦期のアイテムを加えると
簡単に古参兵のコスプレが完成する訳です。


 

  • |Category:2015F/W新商品関連|
  • |Posted at 15/08/13

M-47 OVERCOAT, PARKA TYPE W/ PILE LINER

  • 2015-08-11
  • /2015F/W新商品関連

M47-1.JPG

M-47パーカは、第二次世界大戦中のマウンテン・ジャケットの
後継モデルとして誕生しました。
しかし、この後、モッズ・パーカとして「名を馳せる」M-48、M-51の登場により
生産は短期間で打ち切られることとなり、
その現存する個体数は少ないものとなっています。

M47-2.JPG

オフセットされたドローコード。

M47-3.JPG

ベルトをすることにより、保温力は格段に上がります。

M47-4.JPG

M-47の最大の「売り」がダブルフェイスに仕上げられた、アルパカ×ウールです。
取り外しも可能なライニングは、N-1のアルパカよりも厚く、保温性に優れています。

M47-5.JPG

胸と腰のポケットはどちらも大容量です。
ポケットには困りませんが、モノを無くしてしまいそうな深さがあります。
要注意です。

  • |Category:2015F/W新商品関連|
  • |Posted at 15/08/11

2015FW-3

  • 2015-05-12
  • /2015F/W新商品関連

R0016779.JPG

秋冬のサンプルがカタチになってきました。

R0016781.JPG

鉄フック。

R0016784.JPG

グレーの革引き手。

R0016782.JPG

新しい真鍮ボタン。

R0016780.JPG

シルク・ウール混紡の裏地を作りました。

 

 

  • |Category:2015F/W新商品関連|
  • |Posted at 15/05/12

2015FW

  • 2015-04-28
  • /2015F/W新商品関連

2015FW-1a.JPG

NRAのラベルを作ろうとしているところに
NRAの実物のスタンプを入手しました。
奇跡的です。

2015FW-2.JPG

滅多に役に立たないボタンの型を起こしました。
滅多に役に立たないでしょう。

  • |Category:2015F/W新商品関連|
  • |Posted at 15/04/28