BLOG|PLANNING SECTION

DENIM

  • 2019-06-20
  • /
言うまでも無く、日本の梅雨から夏にかけては高温多湿です。
拘りがなければデニムなんか穿けません。

日本(岡山)のデニムを選ぶべき理由を簡単に。

60年代後半から70年代、デニムは新しい織機によって高速で織れるようになります。
高速で織れるとコストが下がるので大手は競って設備投資に走ります。
高速で織ると、結果、織りムラは無くなり
肌触りの良いデニムが仕上がります。
そして熟練の職人も必要なくなります。
この時代、これが間違いだと気付くことはできませんでした。
しかしこのことで、皆さんお気づきの通り、服がつまらなくなるのです。

L1060479.JPG

日本(主に岡山)では設備投資が出来なかったのか、
ケチったのか、ガンコな社長が多かったのか、
おそらくは複数の要因が絡み合ったりしながらでしょう、
多くの古い織機が生き残りました。
熟練の職人も生き残りました。
その結果、今や世界中で、良いデニム=岡山産となったのです。

L1060493.JPG

しかし、岡山産と言っても一日に30mしか織れない織機もあれば
200mぐらい織ってしまう織機もあります。
しかも技術の進歩は高速で織っているにも関わらず、
織りムラがあるように見せたり、
実際にそこそこの色落ちをさせることも可能になっています。
レザーと同じことですが、技術の進歩も考えものです。

ここでデニムの簡単な見分け方をひとつ。

裏地に爪を立ててひっかいてみてください。
古い織機でゆっくり織られていると爪がひっかかります。
爪にひっかかるということは経糸がたるんでいるということで
古い織機で織られた良いデニムだということです。
(わからん!という人はレディースや量販店のデニムの裏地をひっかいてみて下さい。
必ずわかります。)

L1060495.JPG

せっかくデニムを穿くのですから、
高速で織られたデニムにひっかからないようにしたいものです。



  • |Category:|
  • |Posted at 19/06/20

革は育っていますか?

  • 2018-12-24
  • /


昨今はメンズ製品にまで合成皮革の波が押し寄せています。
悲しいことです。

合成皮革は生産工場の出荷時が最も良い状態で
後は日々、劣化の一途をたどります。
もちろん、本革のように食肉副産物でもありません。
ただの環境破壊。
残念な素材です。

対して渋鞣しの本革の製品は店頭では未完成です。
相棒としてお客様に連れて帰っていただいて初めて、
カッコよくなり始めます。
カッコ良さの頂点は1年後でしょうか。5年後でしょうか。

先のブログにも書きましたが、
購入のキッカケとなった憧れの存在を超えて
「オレの方がカッコいいぜ」と思えるまで頑張りましょう。
そして「オレのレザーの皺を見てくれよ!」と店頭まで
挑みに来てください。

L1020696.JPG
L1020702.JPG

  • |Category:|
  • |Posted at 18/12/24

ライダースジャケットを着るという選択

  • 2018-12-03
  • /
ライダースジャケットを着る人生を選択された方には
まず、シングルならJ-100、ダブルならJ-24をお勧めします。
それは、この2品番が圧倒的な存在感を持ち、
一生の伴侶としてふさわしいと考えているからです。
このスタンスは今後も変わらないでしょう。

・J-24
日本ではバイカーの歴史が浅く、ダブルを選択する人の
背景にはロックが深く関わっている場合が多いようです。
海外のロックスターにもダブルの愛用者は多く、
中にはヴィンテージを着用している例もあります。
しかし、多くの場合は現代のクローム鞣しで
伸ばせるだけ伸ばした牛革のモノを着用しており、
お手本にするには残念としか言いようがありません。
ここは「オレの方がかっこいいぜ」と憧れを断ち切り、
ホースハイドのヴェジタブルタンニングを選びましょう。

L1020286.JPG

J-24はBUCOがDポケットを含めたディテールを完成させた
品番であり、一生の伴侶として最適です。

・J-100
日本でライダースジャケットが市民権を得た当時は
ダブルが早い人達に受け入れられた程度だったのですが、
ドラマ「ツイン・ピークス」以降、シングルの方が
人気でリードしているようです。
これも当時はクローム鞣しで・・・(以下省略)。

L1020291.JPG

J-100はレース用に生まれたシャツであり、
防寒性は全く考慮の外です。
その潔さも男らしさです。
寒い日は上からコートなどを着て乗り越えましょう。


しかし、どんなに興奮を持って手に入れたライダースであっても
何年かを共に過ごすうちに袖を通すときの興奮が
変わってきていることに気づきます。

もちろん、幾年かを共にしたライダースはこれからも相棒であり続けますが
鳥肌が立つような衝動は息をひそめてくるでしょう。
一方でライダースを第二の皮膚のように感じ始めているかも知れません。

そして、もう一度、鳥肌が立つような衝動を感じたい方、
流行に抗って尖ったままで生きたい方、
とにかくアウトローでありたい皆さんには
自信を持ってJ-31をお勧めします。

L1000427-thumb-500x333-70526.jpg

ダブルの生まれがそうであるように、
J-31もアヴィエイター・スタイルをお手本に生まれました。
簡単に言うと第一次世界大戦時の飛行服です。
しかし、この時代遅れも甚だしいデザインは
中世ヨーロッパから続いた伝統美と機能美の融合の成果なのです。
伴侶が1着、2着で済まなくなった皆さん、お薦め致します。





  • |Category:|
  • |Posted at 18/12/03

BERET, MAN'S, WOOL

  • 2016-08-16
  • /2016F/W新商品関連

毎年のようにタイガー・カモを製作することで、ベレーの必要性を感じていたのですが、
今季、ようやくミルスペックに準じたベレーが製作可能となり、
勢い余って、かなり拘ってしまいました。

beret-1.JPG

バッジは型から作りました。実物通り2層構造。七宝焼きです。

beret-2.JPG

beret-3.JPG

バッジをパッチに突き刺して、ピンを折り曲げて固定します。

 

beret-4.JPG

あまりに良い出来なので、裏面にはRM(リアルマッコイズ)と文字を入れ、
実物と見分けが付くようにしました。

beret-5.JPG

バッジの型も作った訳ですが、再生産は極めて難しいと思われます。
「持っておきたい」「サバゲーで必要」な方はお早めに!


 

  • |Category:2016F/W新商品関連|
  • |Posted at 16/08/16

2016FW展

  • 2016-05-28
  • /2016F/W新商品関連

5月24日から26日までの3日間、2016秋冬展を開催致しました。
今回もCLUTCH COLLECTIONに参加する形での展示会でしたが、
特約店、関係各位の皆様にはサミットの警戒もある中、
ご来場いただき誠にありがとうございました。

ccshow-1.JPG

初日(24日)に間に合わなかったサンプルがあります。
B-2 CAPです。

ccshow-2.JPG

ccshow-3.JPG

時間をかけただけのモノにはなったと思っております。

  • |Category:2016F/W新商品関連|
  • |Posted at 16/05/28